大切な写真が劣化した時の修復方法と依頼について

3つのバラ

依頼する

自宅で写真を沢山保管しているという方も多いでしょう。
少し前まではアナログカメラが主流で、よくネガを現像屋に持って行き現像したものです。
現在ではそのアナログカメラもデジタルカメラに主役を奪われ、あまり活躍する場が無くなってしまいましたが、思い出の写真はまだまだ残っています。
これら写真についてあまり知らない方もいるように、基本的に写真というものは時代とともに劣化していくものです。
空気に触れる回数が多ければ多いほど劣化して行くと考えてもいいほど、実は写真というものは繊細なのです。
大事な思い出の写真が色あせやシミ、そして物理的な破損などに困るという方も多いでしょう。
しかしながら写真は劣化が付き物で、この劣化とうまく付き合っていく方法が大切なのです。

写真を修復するサービスというのは以前から存在していました。
しかし最近ではその技術も飛躍的に伸び、様々な状態を修復できる方法が確立してきました。
実際に修復するには店舗に依頼するというのが一般的です。
店舗に依頼するときには修復したい写真を持っていきます。
そして写真の状態を確認してもらいます。
この確認には時間がかかることもあればかからないこともあります。
いづれにしても専門的な立場から現状を見てもらい、修復ができるのかを調べてもらいます。
価格は基本的に状態によって異なり、修復場所や難易度によって大きく異なるでしょう。
実際に修復にかかる期間も状態でことなり、長ければ数ヶ月を要することもあります。

様々な会社でこの写真修復は行われています。
価格も修復可能なものも変わるため、複数社で見積をしてもらうことが大事でしょう。