大切な写真が劣化した時の修復方法と依頼について

3つのバラ

写真を修復する

写真を撮る機会が多くなった現在ではデジタル撮影が一般的でしょう。
しかしながらデジタルに移行する前はアナログ的な撮影方法が一般的でした。
その代表的な撮影法がフィルムによる撮影でしょう。
今ではそのフィルム自体の生産数も限定的になり、使用している方も少ないですが、ちょっと前まではフィルムカメラが一般的でした。
フィルム撮影の特徴的なものに、現像するという必要がありました。
この現像とはフィルムを専門的な方法を以って写真にする方法で、現像屋さんに持って行くことで写真にすることが出来ました。
現在ではデジタルデータとして保管していましたが、以前は現像しその写真を写真入れに入れて保管していました。
撮れば撮るほどこの写真は多くなり、保管するのも大変だったという記憶がある方もいることでしょう。
そんな写真には劣化というものが付きまといます。

写真の劣化には様々な種類があります。
例えば色が褪せたり、破けたり、また破損したりなどです。
これら写真は基本的に修復というのは難しいとされていて、大事であればあるほど十分な保管が求められるわけですが、最近では最新技術を用いて修復することが可能になっています。
修復するにはまず写真がどういう状態か確認する必要があります。
例えば色あせが見られるのか、シミが見られるのか、また破損しているのが、折り目がついているのか、ボロボロなのかなどです。
当時と違う点が見られればその状態をメモしておくなりしておくといいでしょう。
そして早めの状態回復と現状維持が求められます。
基本的に写真は劣化していくものです。
早めの修復する必要がありますが、まずはこれ以上劣化が進まないように工夫する必要があるでしょう。
また修復できる限度というのも存在することも知っておくべきです。