大切な写真が劣化した時の修復方法と依頼について

3つのバラ

自分で修復する

劣化した写真を元に戻したいという方は非常に多く存在します。
写真は劣化から逃げることが出来ないものです。
物理的で手にとることが出来るメリットも存在しますが、その反面劣化も付きまといます。
そのため劣化したと感じられた場合はなるべく早めの修復が大切で、同時に現状維持することも求められます。
店舗に依頼するというのが一般的な修復方法ですが、中には自分で修復したいという方もいるでしょう。
実際ちょっとしたシミや傷、また色あせ程度なら自分で修復できる場合もあります。
しかしながら写真は物理的なため、直接触るというのは禁物です。
まずはデジタル的に修復する方法をとります。

デジタル的な修復方法とは劣化した写真をPC上に取り込むことから始めます。
スキャナーを用いて写真をスキャンし、デジタルデータとして保存します。
このデータを写真編集ソフトなどを用いて修復していきます。
写真を修復するための編集ソフトも存在し、初心者という方はこれら専用ソフトを利用するのも1つの方法でしょう。
ある程度編集知識があるのであれば、様々な編集方法を以って写真を修復していきます。
部位や劣化の種類によっても修復できる場合と出来ない場合がありますが、出来るところ飲みを修復していきます。
ある程度完成したならば、元々の写真と見比べてみて編集によって異なる色合いではないかなどを確認するといいでしょう。
後はプリントアウトすれば完了です。
基本的に個人で行なうのは、これぐらいのレベルになります。
データ上で行う場合は間違った操作であってももとに戻すことが出来るため、一度トライしてみるというのもいいでしょう。